ブロックチェーンと分散台帳技術の違いを解説!
はるちゃん
ブロックチェーン技術ってすごい革命なのよね!!
BTC君
急にどうしたんだよ...。
はるちゃん
最近仮想通貨の値段下がってるけどブロックチェーンって普通にすごい技術みたいだから勉強してみようと思って!
でも何がすごいのかはよくわからない!笑
BTC君
その潔さ嫌いじゃねーな。
ブロックチェーンを理解するならまずは分散台帳技術を理解してからのほうがいいと思うぞ!
はるちゃん
分散台帳技術とブロックチェーンって同じ意味なんじゃないの?
BTC君
やっぱりわかってねーな。
しっかり教えてやるから勉強しろよ。

分散台帳技術

分散台帳技術は"Distributed Ledger Technology"の日本語訳であり、この技術を使うことでデータの信頼性を高めることができる。

はるちゃん
データの信頼性ってなに?
BTC君
例えば、はるちゃんは銀行にお金を預けているだろ?
預けている金額は銀行がデータとして管理しているわけだが、それが急にめちゃくちゃに変わることってあると思うか?
はるちゃん
銀行のシステムがそんなことあるわけないじゃない。
BTC君
それがデータの信頼性ってことだ。
でも逆に海外のよくわからないショッピングサイトで注文するのはどうだ?
はるちゃん
お金だけ払ったことになって注文が通ってないなんてことがありそう...。
BTC君
海外のショッピングサイトからしたらこうやって疑われるだけでビジネスチャンスが減ってしまうわけだ。
そこで分散台帳技術を使えば簡単にデータの信頼性を高めることができるようになるんだぜ。

分散台帳技術の仕組み

分散台帳技術では複数のデバイスでデータを分散して管理を行う。
分散台帳技術に必要なものは①元帳と呼ばれる元になるデータベースと②ネットワークの参加者(複数のデバイス)である。

  1. 各デバイスは元帳のデータをコピーして保存する。
  2. 各デバイスは発生したトランザクションに基づいて、各デバイスが保持しているデータをそれぞれ独立して更新する。
  3. 各デバイスが保持しているデータを定期的に確認し合い、多数決(投票)によって正しいデータを決定する。
  4. 投票によって決定されたデータを最新のデータとして元帳のデータを更新する。
  5. 元帳のデータを各デバイスにコピーすることでデータの同期を行う。
BTC君
元となるデータを一つ用意して、これをコピーしてこのデータを各自が更新してくってことだな。
はるちゃん
みんな別々にデータの更新を行ってたら違いが出ちゃうときもあるんじゃないの?
BTC君
その通り!
各デバイスが持ってるデータにはズレが生じちゃうこともありえるな。
だから、定期的にみんなでデータを確認し合ってみんなで多数決を行うんだ。
はるちゃん
一緒の人が一番多いデータが最新のデータってことになるのね。
BTC君
最新のデータが決定したらこれを元となる元帳にも更新して、この作業を繰り返していくわけだ。
引き続きなんでこんなことをしているのか説明してやるぞ!

分散台帳技術の利点

分散台帳技術では誰かが単独でデータの更新を行うのではなく、みんなで合意(多数決)を取ったうえでデータの更新を行うため不正なデータの更新が行われない。
従来ではデータの信頼性を高めるためには政府や銀行などの機関に介入してもらってデータの正確性を保証する必要があったが、分散台帳技術を使えばこれらの機関に頼らなくても信頼を得られることができる。

はるちゃん
誰かが単独でデータの更新を行う仕組みだと信じられないけど、この技術ならデータが正しいことがみんなによって保証されてるってことなのね!
BTC君
この保証されるってことが難しくてコストもかかってしまったんだが、分散台帳技術によって一気に解消されたってわけだ。
分散台帳技術が分かったみたいだから次はブロックチェーンの説明だな。

ブロックチェーン

分散台帳技術には様々な形態があるが、ブロックチェーンはそのうちの一つである。
ブロックチェーンでは分散台帳技術における元帳のデータをブロックという小さい塊に分割し、それを連結して保存している。
連結して保存することでデータの変更履歴が全て保存されるうえに、ブロックチェーンの仕組み上、一度記録されたデータの変更や削除ができないことがブロックチェーンの特徴である。

はるちゃん
ブロックチェーンは分散台帳技術の中の一種類ってことなのね!
BTC君
分散台帳技術には元帳を記録する方法がいくつかあってそのうちの一種類がブロックチェーンってわけだ。
ブロックチェーンではデータが小さく分割されてそれが鎖みたいに連結してるからブロックチェーンって呼ぶんだぞ。
はるちゃん
分散台帳技術の中でもブロックチェーンを使うと何がいいの?
BTC君
ブロックチェーンの仕組みでは一度記録されると誰も変更や削除ができなくなるんだぞ。
だから仮想通貨の資産の記録や投票などにはブロックチェーンを使うといいんだ!
はるちゃん
そしたら逆にブロックチェーンじゃない分散台帳技術を使うときはどんなとき?
BTC君
ブロックチェーンではデータをブロックに分けて処理をするから処理に手間がかかってしまう。
だから、変更の履歴を全て残しておかなくてもいいようなときにはブロックチェーンじゃない分散台帳技術を使うと処理が軽くなるぞ!

まとめ

ブロックチェーンは分散台帳技術のうちの一種類である。
どちらも複数のデバイスでデータの管理を行ってみんなの合意が取れたうえでデータの更新を行うという概念である。
違いとしては、ブロックチェーンではデータをブロックに分割して保存しているということである。
どちらの技術もあらゆる経済分野で活躍が期待される革命的な技術である。

仮想通貨の関連記事
  • 取引所トークンの価値を徹底分析!
  • ブロックチェーンと分散台帳技術の違いを解説!
  • 仮想通貨を守るためにやること7選!
  • アイキャッチ
    一般ユーザに普及するDApps(分散型アプリケーション)ゲームとは? ゲームとして流行るための要素を考察。
  • 用語集
    仮想通貨 用語集
  • アイキャッチ
    「少年クリプト」 仮想通貨キャラが大集結! 無料で内容をチラッと紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
仮想通貨 用語集
仮想通貨
このページでは俺が仮想通貨に関する用語を簡単に説明するぜ!...