Dappカードゲーム Nova Blitz(ノヴァ ブリッツ) カード資産をブロックチェーンで管理する非中央集権カードゲーム

no name
俺のターンドロー!

はるちゃん
今回はカードゲームだね!
今度はどんなゲームなの?

no name
今回はゲーム内カード資産のブロックチェーンで管理を目指すNova Blitz(ノヴァ ブリッツ)を紹介するぞ!

(※2018年4月時点でブロックチェーン技術との連携は未実装です。今後のDappゲームとしての展望について記載していきます)

ブロックチェーンカードゲームの価値

最近オンラインのカードゲームが流行ってるよな。
「シャドバ」や「ハースストン」なんかが代表例だ。

ただ、これらのゲーム、非常に面白いが、遊戯王カードやマジックザギャザリングみたいに自由に取引できない。
また遊戯王カードやマジックもカードショップやヤフオクを介してでしかカードの取引ができない。

もし、ブロックチェーンでカードを管理できたら、カード資産の所有権は保証される。
さらにDexなどの取引所で自由に売買できるようになる。

前からトレーディングカードゲームにはブロックチェーンで解決できる課題が多いと思っていたが、ついにこの課題に取り組む組織が現れたようだな!

no name
コイモンカードを考えた理由もこれなんだぜ!

(参考:コイモンカードとは【twitter上で交換できるぞ!】)

今回紹介するNova Blitz(ノヴァ ブリッツ)は現在すでにリリースされているオンラインカードバトルゲームだ!
現在、NVTと言うトークンを発行しており、将来的に上記で書いてあることを実現しようとしてるぞ

Nova Blitz(ノヴァ ブリッツ)

Nova Blitz(ノヴァ ブリッツ)は今まで紹介してきたDappゲームと違い、すでにブロックチェーン技術を伴わない普通のオンラインゲームとしてリリースされている。
以下のページからダウンロードもできるぞ。
ゲーム内課金要素要素はあるが基本無料でできるぞ!
まあ、一般的なオンラインゲームだな。

カードゲームとして非常に面白い

なんとこのNova Blitz(ノヴァ ブリッツ)どこかで見たデザインと思ったら、マジックザギャザリングのメンバーが参加しているらしいな。
古参なカードゲーム好きをくすぐるデザインになっているぞ。
また、カードゲームは絶妙なゲームバランスで成り立っている。
過去に実績のある製作陣が関わっているので、昨今のコレクションを集めるだけの退屈な多くのDappに対して大きすぎるアドバンテージになるだろうな!

はるちゃん
コイモンカードも頑張らなきゃね......

既にゲームが開発されている

すでにゲームが開発されている点も他のDappに対して大きなアドバンテージになっているぞ。
他のゲームはトークンのプレセールで資金を集めながら自転車操業でプロジェクトを進めているものも多い。
ICOに詐欺が多いと言われているのと同様、もともと開発する気のない詐欺目的のゲームやプロジェクトが途中で頓挫するケースなど、
プレセールで買って、お金を無駄にしてしまうリスクが拭いきれない。

従来のカードバトルゲームとの違い

従来のカードバトルゲームとの違いを見つけたのでまとめるぞ。

・カードは自身のものとして管理でき、自由に売買できる。
ブロックチェーン導入と言うだけあるな、今のうちにレアカードを持っていれば、ブロックチェーン対応し、人気が出たら価値爆上げかも...

・ターンの概念がない
これも驚いたポイントだ。
”じゃんけん”みたいにお互いがアクションを選択し、同時にそのアクションが解決される。
youtubeにプレイ動画がたくさん上がっているから、確認してみてくれ!

Nova Token(NVT)とブロックチェーンの活用

ゲーム内通貨としてNova Tokenを使用

Nova Blitz(ノヴァ ブリッツ)ではゲーム内の通貨としてNova Token(以下NVT)を使用するぞ。
ゲームプレイヤーは所持するカードの⾃由な交換・取引の機能の利用と不正⾏為の ない公正なトーナメントへの参加が可能になる。
また、NVTのシステムを導入すると開発者に対して売上の90%を収益を実現するようだ。
AndroidやiOSやSteam といった既存のプラットフォームを利用するより、エコに運営できるようだな。

no name
稼いだ分はユーザに還元するんだろうなぁ

NVTによる配当

NVTはPoS(プルーフ・オブ・ステーク)によって無料でカードを取得することができるぞ!
PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とはマイニングアルゴリズムの一つで、沢山通貨を持っている人に多くの配当を配ることでマイニングを行うやり方だ。

運営は強いプレイヤーが余分にもらうカードの売却による収益を期待しているようだな

no name
PoSはトークンを沢山もつ先行者優位になる可能性があるから心配だな......

API機能などコミュニティサイトのフォロー

ブロックチェーンを実現することで、各ユーザの資産の管理参照を運営のサーバを介さず安全に行える。
つまり、APIでカード資産の管理を行えるようにすれば、運営を介さずサードパーティが自由に開発を進められる。

ユーザごとの資産や過去の実績を確認できるファンサイトや、秘密鍵を登録して取引する取引所などが出てくるかもな

ホワイトペーパー

非常にわかりやすいホワイトペーパーが公開されているぞ!
日本語で技術的な課題などもしっかり取り上げている。

(参考:Nova Tokenホワイトペーパー)

まとめ

今まで紹介してきたDappと比べて既にモノがあるだけプロジェクトの実現可能性が現実的に感じたぞ。

ブロックチェーンの活用例としてカードゲームの資産管理はかなり前から想定していたので、俺としても「ついに現れたか」と言う感想だ!

今後、どんどん発展して欲しいな!

最後に一つだけ言わせてくれ!

はるちゃん
門前払いだろうなぁ......
関連キーワード
Dapps, 仮想通貨の関連記事
  • アイキャッチ
    一般ユーザに普及するDApps(分散型アプリケーション)ゲームとは? ゲームとして流行るための要素を考察。
  • アイキャッチ
    「少年クリプト」 仮想通貨キャラが大集結! 無料で内容をチラッと紹介!
  • 説明
    Hash Rush(ハッシュラッシュ)のここが凄い!考察してみたぞ!
  • アイキャッチ
    「Ginco」簡単&便利スマホウォレット! 将来的に可能にDappsとの連携/法定通貨との交換も
  • アイキャッチ
    「TokenPocket(トークンポケット)」 dappsゲームをスマホで遊ぼう!
  • dapps
    dappsゲーム CryptoAndDragons(クリドラ)のご紹介

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
コイモンLINEスタンプ
コイモン
こんにちは、socoです! ビットコイン君のlineスタンプ作りました! ビットコイン君の弟のビットコインキャッシュ君も出演しております! ...